Tシャツ

はじめまして、こんにちは。
販売スタッフの鷲尾(わしお)です。

人生で初めてブログをかきます。(ドキドキです)
何をお伝えしようか悩みます。(本当に悩みます)
悩んだので、弊社の商品でもある「Tシャツ」についてちょっと調べてみました。

さて、検索ワードは「Tシャツ」。頼れるサイトさんは、wikipediaさん!

さてさて、肝心の内容ですが……
分かったことをおおまかに、箇条書きでまとめます。

1.Tシャツの由来
両袖を左右に広げた時にTの文字に見えるため、命名された。          (なるほど、見たまんまの由来だったんですね)

2.流行のルーツ
1950年代冒頭に映画『欲望という名の電車』に出演している俳優さんが着こなすさまをみて流行し始め、プリント技術の進歩もあいまってトップスとして通用するよになった。(それまでは肌着であり、下着の一種だったんだとか)

3.日本では「恥ずかしいこと」だった
日本でTシャツが広まった1970年代は、下着のまま外に出ることは「恥ずかしいこと」とされたがそこを逆手にとった反体制的な雰囲気が若い人たちに受け、ブレイク。 (今も昔も、若い人の気質はあまり変わりないのかもしれないですね)

などなど、以上の3点がわかりました。
改めて調べてみると、勉強になるものですね。

いかがでしたか?
みなさんは知っておられたでしょうか。
私は映画が気になりました。
どんなTシャツをどんな役者さんが着ておられるのでしょう?
無地でしょうか?柄ありなのでしょうか?
機会があれば鑑賞してみたい思います。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!