オリジナルTシャツ・クラスTシャツ良い店舗の見分け方

Tシャツ写真

オリジナルプリントショップ ティーズファクトリー

オリジナルTシャツ プリントを売りにするサイトが多くなってきました。

今日はオリジナルTシャツ・良い店舗の見分け方をテーマで書かせて頂きます。

1.Tシャツ単体の安さで店舗を決めないで・・・実は高くなっている訳

★ オリジナルTシャツサイトの見積りは複雑で実際私達でも理解できない場合があります。

サイトを開いた時にTシャツ単価が安い場合 お客様はここは安いサイトと認識しがちですが、実際はプリント代 版代が他社より高く なっている場合があります。サイトは運営者は見た目安く見えるようにし 見積は一式となる場合があります。 お客様はこんなものかって事でお店を決められているそうです。また、例えば追加発注の場合版代1年間保存期間などの確認する事も大切です。また 消費税込み または外税によっても金額は大きく変わる要素となります。

Point

しっかり 価格の詳細が明記され見積りにも明記しているサイトが安心してお買い物をして頂けると思います。

2.工場を持っているか

★元々はデザイン会社さんでオリジナルTシャツ分野への進出をされる企業さんが増えています。悪いわけではありませんが、本体のTシャツを購入後仕様書を下請けのプリント屋さんに流し 名前自社で下請け会社から商品を直送する場合が増えています。

弊社ではお客様からオーダーを頂きオペレーターがご対応させて頂きます。オペレーターは工場責任者とクオリティー(お客様の望むプリント方法 技術)などでブリーフィングをしお客様がご満足して頂ける最高商品に仕上げ発送させて頂きます。

しかし どうでしょう?自社プリントしない場合 どんなクオリティーの商品が納品されたのか 元受会社は理解していません。例えばプリントミスが生じた場合 弊社ではその場(プリント直後)に把握ができます、納品前にチェック可能となっております。前者はお客様からクレームがあってはじめて気が付くという事になります。もしも クラスTシャツやイベントにご使用の祭待ったはありません。その時 その時間に商品が無くてはならないのです。

3.デザイン力は!?

★手前味噌になってしまいますが 某有名アーティスト1オーダー10万枚、某アパレルメーカー様 1オーダー5000枚など 弊社がアーティスト様のコンサートの趣旨を参考にデザイン提案をしてお仕事を頂いております。

また 加工技術も他社ではマネの出来ないプリント手法を用い高い評価を頂いております。現在のティーズファクトリーのお客様へも同様心を込め、ご依頼頂いた事を喜びとしお客様にとって最高のデザインのご提供をさせて頂いております。

4.フルカラー印の刷がねらい目!!

★インクジェットプリントは1枚からフルカラープリントが可能となっており

ご自分へのご褒美や還暦祝い、アパレルの仕事をしてみたいが在庫は持ちたくない。また 学園祭などでゼミの先生の顔写真を入れたい等お客様にはうってつけのプリント方法です。シルク印刷では人のカラー写真を表現する事は難しく、やはり インクジェットプリントの機械を持っている事はアドバンテージに強い存在と考えます。

5.返品 交換が出来る?

当店ではプリント生産前に お見積り書(金額)の確認、ウエアーサイズ、カラーの確認、 デザインの確認を行っております。

ときどき オーダー成立後にサイズの変更依頼がある場合がございます。

その場合、弊社規約返品及び返金をリングいたしましたので、ご確認お願い致します。ただ これも 人対人のやりとりの為、規約外 で特例ももちろんございます。

よくあるケース:文化祭で着るTシャツにクラス全員の名前をアルファベットで入れてほしい。

上記の場合 お客様の入力ミスやiとlの違いであったりクラスの一人だけ名前のスペルが違う。こんな事が年に1~2回発生します。

その時々のスチュエーションによりますが 私たちの大方の判断は 一人だけ可哀想だよね~です。一度お送りさせて頂いたTシャツを回収させて頂き出来うる限りプリイト部分の修正を行う事もございます。