生地の「オンス」とは?

こんにちは!
ティーズファクトリーです!!

オリジナルTシャツを製作する上で
どの種類のTシャツを選べばよいのか・・・
みんなどのTシャツで作成しているのか・・・
気になりますよね?

Tシャツ選びで重要になってくるのは
生地の素材(綿やポリエステルなど)はもちろんですが
生地の「厚さ」も大きく左右してくるかと思います。

生地が薄いと、透けやすいですが乾きやすく、
また低価格の商品が多いです。
最近では生地の薄いTシャツであえてインナーを
透けさせてファッションを楽しんだり、
重ね着をしてもゴワゴワしにくいのでアパレル系の
Tシャツでも薄手のものが増えてきています。

生地が厚いと、透けにくいし、また生地が厚いほど
インナーのラインや体のラインをカバーしてくれます。
何度も脱ぎ着して洗濯を重ねるヘヴィーユーザーさんなら
生地の薄いTシャツよりは生地の厚いTシャツの方が
型崩れしにくく、生地がクタクタになりにくいので
長持ちさせるにはおすすめです。

では、どうやって生地の厚さを知ればよいのでしょう?
それは生地の「オンス」の数値で分かります!

Tシャツなどの商品名に「4.0オンス」や「5.6オンス」
などがよく記載されていますが
この「オンス」は生地の厚さを表す単位です。
正確には重さを表す単位面積になります。
この数値が小さいほど軽く生地が薄くなり、
大きいほど重く生地が厚くなります。

綿素材のTシャツだと↓の図のようになります。

一般的な生地の厚さでご注文の多い商品は
【品番:5001】5.6オンスハイクオリティーTシャツ
【品番:085-CVT】5.6オンスヘビーウェイトTシャツ
の「5.6オンス」のTシャツです!

少しファッショナブルにTシャツを着たいという方には
【品番:5401】5.0オンスレギュラーフィットTシャツ
【品番:DM030】5.0スタンダードTシャツ
が首元のリブが細めになっているのでおすすめです!

イベントなどの用途でその行事でのみのご使用、
とにかく安く作りたいという方からは
【品番:083-BBT】4.0オンスライトウェイトTシャツ
【品番:5806】4.0オンスプロモーションTシャツ
の「4.0オンス」のTシャツのご注文が多いです!

生地は厚めで丈夫なTシャツをお求めの方には
【品番:5942】6.2オンスプレミアムTシャツ
が型崩れしにくく生地感も滑らかなのでおすすめです!

オリジナルTシャツの種類選びでお悩みの方は
ぜひご参考にしてみてください!!