どちらが見栄えする?ブラックインクとホワイトインク

こんにちは!
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます!!

オリジナルTシャツやオリジナルポロシャツ、オリジナルパーカーなどを作る時、まずはどの生地色で作成するのか決めますよね!生地色が決まったら、次にプリントするオリジナルデザインの色は何色にしようか選びます。

オリジナルウェア製作でもっともポピュラーなプリント方法の「シルクプリント」は、インクカラーのバリエーションがとても豊富で、数多くある色の中からご希望に沿ったイメージに合う色をお選びいただくのですが、今までにご依頼いただいたオリジナルウェア製作で選ばれることが多いインクカラーは、シンプルに見栄えのする『ブラックインク(C-22)』や『ホワイトインク(C-21)』かな~と思います。

ご注文いただいた案件の中には、生地色はいろんな色でバラバラにして、インクカラーを 『ブラックインク(C-22)』 か、または 『ホワイトインク(C-21)』 のどちらかで、もしくはインクの色替えをしてプリントするというケースもちょくちょくありました。

白地のTシャツならブラックインク、黒地のTシャツならホワイトインクというように、どちらのインクカラーにするか決めやすい生地色もありますが(中には白地のTシャツにホワイトインク、黒地のTシャツにブラックインクというケースもありました)、ブラックインクとホワイトインクのどちらのインクカラーにしようか迷う生地色もあるかと思います。

今回は、そんな選ばれることの多い 『ブラックインク(C-22)』 と 『ホワイトインク(C-21)』 を一覧で色合いが見れるように、Tシャツ(5001/5.6オンスハイクオリティーTシャツ)の全カラーに配置したイメージを作ってみたのでご紹介します!

 

ブラックインク(C-22)

 

ホワイトインク(C-21)

 

これからオリジナルTシャツなどのプリントウェアを作成する予定で、『ブラックインク(C-22)』や『ホワイトインク(C-21)』でプリントしようとご検討中の方は、ぜひご参考にしてみてくださいね!