デザインのプリントサイズの決め方

こんにちは!!
ティーズファクトリーです。

オリジナルプリントのTシャツやポロシャツやパーカーなどを作成する時、みなさんはどのようにプリントするデザインの大きさを決めていますか?

ティーズファクトリーでは、オリジナルデザインのプリントTシャツ製作など、オリジナルウェア作成のご注文時に、ご指定いただいたウェアやアイテムの絵型にお客様のデザインを「原寸サイズ比率」で配置した仕上りイメージをお送りして、ウェア・アイテムとデザインのサイズ感もご確認いただいております。

販売用のオリジナルTシャツや、会社様・企業様のイベントTシャツなど、プリントする原寸サイズでデザインデータをご入稿いただくこともあるのですが、初めてオリジナルTシャツをご注文される方や、デザインサイズ・プリントサイズはおまかせでご注文される方も多くいらっしゃいます。

仕上りイメージで確認した時と、実際に仕上がったオリジナルウェア商品のデザインのプリントサイズが「思っていたのと違う・・・」ということが無いように、今回は『デザインのプリントサイズの決め方』をご紹介します!

 

ティーズファクトリーの仕上りイメージ

ティーズファクトリーからお客様に送る仕上りイメージは、ウェアを着た時の状態のものではなく、綺麗に広げて『平置き』の状態にした絵型になります。

↑ こちらを見ると、ウェアの両脇下の左右間=身幅が、実際にウェアを着た時とウェアの絵型で違うのが分かります。ウェア着用時は体の厚みの分、奥行きが出るため、正面から見える身幅が変わるんです。

注意していただきたいのは、この「身幅感の違い」です!仕上りイメージ(ウェア平置き時)だと、ウェアを着用した時よりも身幅が広く見えるので、プリントするデザインのサイズもついつい小さい気がしてしまって、横幅を大きく拡大した方が良いと思ってしまいがちなんです。

 

デザインのプリントサイズの決め方

仕上りイメージをお送りする際は、必ずデザインの「原寸サイズの寸法」もお知らせしますので、メジャーや定規などで直接デザインのプリントサイズも確認してみましょう!

サイズ感のイメージが1番分かりやすいのは、例えば前面の胸中央のプリント位置なら、鏡を見ながらメジャーや定規を直接プリントする自分の胸の位置に当てて、プリントサイズを確認することです。背中のプリント位置なら、オリジナルウェアを作るグループ・サークルのメンバーや友人などと一緒に、背中にメジャーや定規を当て合いながら確認すると良いと思います。

 

↑ このようにデザインを配置してみると、仕上りイメージ(平置き時)よりもウェアを着た時の方が、デザインが大きい感じがしませんか?

プリントサイズを決める際は、仕上りイメージだけで判断するのではなく、メジャーや定規などを実際にプリントする体の位置に当てながら、プリントサイズを確認するようにしてみてください!そうすると、オリジナルTシャツなどを着た時にイメージ通りのプリントサイズで仕上がった素敵なオリジナルウェアになると思いますよ!!