袖や足の縦長プリント!横文字デザインおすすめのプリントの向き!!

こんにちは!
ティーズファクトリーです。

トレーナーやパーカーの袖部分、またスウェットパンツの足部分にオリジナルのデザインをプリントする場合、大きく入れようと思ったらプリントは「縦長」になります。ティーズファクトリーでは大きいウェアサイズの場合で、

・袖部分:横8.5cm×縦35cm
・足部分:横12cm×縦40cm

が、版を作ってインクを刷る「シルクプリント」のプリント可能最大サイズになります。

 

今までにご注文いただいたケースで最も多かったデザインは、アルファベットを使った『横文字』のデザインです。アルファベットの場合、もちろん「縦書き」で入れることも可能なのですが、「縦書き」だとバランスが悪くなってしまう場合があります。

筆記体のように文字同士がつながっている場合には、特に「縦書き」だと変になってしまいます。

お店で売られているトレーナーやパーカーやスウェットパンツのプリントデザインも、「横書き」のままデザインの向きを90度回転させてプリントされているものが多いように思います。

そこで今回は、『横文字』のデザインを縦長に大きくプリントする際のおすすめの【プリントの向き】についてご紹介します。

 

右袖・右足のプリント

頭文字が上(肩側・腰側)に来るように、文字を90度回転させて配置するのがおすすめです。腕や足を前に出した際に、文字が読みやすくなります。

 

左袖・左足のプリント

頭文字が下(袖口側・裾側)に来るように、文字を90度回転させて配置するのがおすすめです。腕や足を前に出した際に、文字が読みやすくなります。

 

このように、横書きアルファベットのデザインを袖や足にプリントする場合は、頭文字を上側にするなら【右袖・右足】に、頭文字を下側にするなら【左袖・左足】に配置すると、腕を前に出したり足を前に上げた際に、横書きの文字が見やすくなるのでおすすめです!

トレーナーやパーカーなどの長袖商品や、スウェットパンツなどのロングパンツ商品に大きく縦長にプリントをする際は、ぜひご参考にしてみてください!