Tシャツ豆知識 シャツでよく聞く「オンス」とは何か

Tシャツ豆知識

よくお問い合わせのある
Tシャツでよく聞く「オンス」とは何か
でございますが、

オンスとは、もともとヤード・ポンド法で重量を表わす単位で、
日本ではあまりなじみがありませんが、
Tシャツはアメリカを中心に普及した製品であることから、
現在もTシャツの生地スペックのうちで厚さを表示する際は
オンスを使用するのが慣例になっています。

Tシャツの場合の1オンスは、1ヤード四方が約28.35gの重量に相当します。
一般に、3~4オンスの生地は非常に薄手で、白の場合はかなり透けますが、
価格が安いのでイベントや販促用に配布するTシャツなどに重宝されるタイプです。
「ヘビーウェイト」に分類される5~7オンスの生地は、肉厚で耐久性があるため、
実用性が高くなります。

上質でハイクラスなTシャツは、たいていが6オンス以上のものです。
スウェットやトレーナーなどには、非常に肉厚な9~13オンスの生地が用いられます。
なお、近年は薄手生地でもクオリティの高い製品が増えており、
薄いからといって必ずしも品質が低いとは言えません。

column01-02

生地の分厚さは、目安として商品ページの左下に目安の生地の厚さをのせていますので
そちらを参考にして下さいませ。

こちらの生地の詳細はこちらをクリックしてください

オリジナルクラスTシャツデザイン作成のコツ⓹

オリジナルクラスTシャツデザイン作成のコツ⑤

デザインを作成するのにお色もとても重要となります。

お色により、デザインのイメージはガラリと変わります。

同じブラックの生地にも乗せるインクのカラーにより全く違う印象となります。

色の効果⓵

【TSFACTORYのインクのカラーはこちら】

また、ベースとなりますTシャツのお色身との合わせ方でもまた印象が変わります。
色の効果⓶

同じデザインでもお色の合わせ方により優しい印象だったり、COOLな印象だったりと色々な印象に変わります。

デザインを考える際にお色のイメージも一緒に考えながらデザインを考えられると良いかと思います。
お色のご相談にものれますので、もし迷われているようでございましたらご相談くださいませ。
気になられる方はをここをクリック!↓gakuwari_banner

オリジナルクラスTシャツデザイン作成のコツ④

オリジナルクラスTシャツデザイン作成のコツ④

クラスTシャツを作成するにあたって著作権には注意しましょう。

【著作権のあるもの】

  • 漫画・アニメ・商品・企業のキャラクター
  • 企業ブランドのロゴ・イラスト
  • CDや雑誌の写真・タイトル・文章
  • タレントの名前・歌手名

多くの人が目にするもの、それを商売として利益を得ているものなど。このようなデザインをクラスTシャツにデザインしたいときは、作成前に権利者・権利団体とコンタクトをとり許可をもらう必要があります。許可証を提出頂ければ、プリントは可能となります。

学校で使用される場合も著作権法第35条では、著作物を学校の授業で使う場合、権利者の許可をもらわなくても大丈夫とされておりますが、学校祭(文化祭・体育祭)でのクラスTシャツは許可が必要です!

キャラクターやロゴに似たようなイラスト(パロディ)も気をつけなければいけません。元ネタがわかるようなものを使いたいときも、著作権者の承諾が必要です

——————————————————————————————–

最後に、皆でオリジナルTシャツの作成を楽しみたいのでしたら、オリジナルのデザインが一番です!

みんなで一生懸命考えたデザインは一生の思い出となります!パロディのデザインよりも皆でデザインを考えてみましょう!

オリジナルクラスTシャツデザイン作成のコツ②

オリジナルクラスTシャツデザイン作成のコツ⓶写真

agriculture-4351266_960_720

旅行や学校祭など、楽しかった思い出の一瞬をそのままTシャツにすることも出来ます。
料理やお花、風景など思い出の写真、友だち・家族・ペット・集合写真がスマホやデジカメに眠っていませんか?

シックでかっこいいオリジナルTシャツを作りたいなら、モノトーン調にしたお写真を使用するのもお勧めです!
もし写真が無ければ、フリー写真素材サイトで、無料の写真を探してみるとたくさん出てきますよ。

オリジナルのクラスTシャツのデザインにもひときわ目立つデザインが作成出来ますよ!

お写真プリントのプリント単価表です。お選び頂きましたウェアの素材などによりプリント出来ない場合もございますのでご相談くださいませ。

オリジナルクラスTシャツのデザイン作成のコツ⓵

オリジナルクラスTシャツのデザイン作成のコツ⓵

文字のデザイン
名称未設定-1

文字のデザインはメッセージ性が高まります。
何をアピールしたいのかが1番わかりやすいデザインとなります。
文字の書体のデザインによりイメージが全然変わります。
1文字だけでシンプルに。
四字熟語で意味を深める。
など、いろんな表現が可能です。
Tシャツの用途によってスローガン・記念日・誕生日・お祝いの言葉などメッセージも変わりますし伝わり易くなります!
文字だけのTシャツは、ひらがな・カタカナ・漢字・アルファベットなどいろんな書体から選んで、イメージにピッタリなオリジナルTシャツ下記を作成下さい!
URLより色々な書体がお選び頂けます。
クリックしてください!

オリジナルプリントの印刷種類について

オリジナルプリントの印刷種類について述べさせていただきます。

プリントと聞けばコピー機のように次から次へとシャンシャンと出来上がると思われている方も多いと思いますが、実は1枚一枚職人が印刷しているのが現状です。

シルクスクリーン印刷

これはプリントゴッコのように版と言う印鑑の元の様な物を作りハンコはしますがシルクスクリーンの場合はプリントをすると言います。絵画、京都の染物にも使用される特別なプリント方法です。

職人の目やプリントをするときにスキージ(ヘラ)の様な物を使いますが、プリントするときのスキージの角度、スキージの堅さ、プリントするときの力加減で仕上がりに大きな違いが出てきます。上記が整わないとデザインが滲んだり英字(文字)などの角が潰れ丸くなったり地透(インクの色が生地の色に負けインクがのらない状態)とプリントの出来上がりに大きく違いが出出来ます。

職人がいてこそのシルク印刷とも言えますね。

製版も同じく今はillustrator、Photoshopと言うソフトの普及でかなり楽にはなりましたがお客様のご意向に合わせ製版を作る作業も職人技と言えるでしょう。

インクジェットプリント

inkjetbannaer

最近インクジェットプリントの出来るプリント屋さんが増えつつありますが

安い機会で50万円くらいしかし熱処理、前処理する機械も必要なので安く見積もっても+100万円=安価なシステムでも150万円はかかってしまいます。

また 安価な分人力も必要になります。また安価な場合は1日の生産枚数も少なく日産50枚程度に生産力が落ちてしまいます。

高価なインクジェットプリント機は4000万円+乾燥炉500万円=4500万円かかります。日産500枚全自動。

インクジェットプリント場合1枚からでもプリントが

可能でフルカラー対応している為置く悪様のご意向にお応えするには

もってこいの機械となります。

どちらを選ぶかはプリント屋さんのお財布事情や目的により選ばれると思います。

但し上記以外にデザインをデジタル化しなくてはならずデータ処理能力も必須となります。

③カッティング転写プリント

データ化したデザインをシールの様な物をインクジェットプリンターフルカラー~単色(溶剤性)でプリントしながらカッティングしていくプリント方法です。一般的には看板屋さんが用いる使用となり Tシャツ、スェット等ナンバリングしたいお客様には人気があります。

 

③コピー転写プリント

文字道理カラーコピー機を使いTシャツにくっつくトナーを使いコピー機に通します。

簡単そうではありますがこれも、難点がありリタックシートと言う物に一旦デザインを移し替えそれをプレス機で熱圧着するのですが、リタックが湿度やロットにより

上手く行く時と行かない時があり また 洗濯や摩擦に弱い難点があります。

プリント屋さんは上記を考えお客様に会う最善を考えお見積り、または、生産して参ります。

もしも、ご興味頂けたら下記から自動お見積りする事が出来ます。どうぞよろしくお願い致します。

自動見積り

自動見積り

 

オリジナルTシャツ長持ちのコツ

オリジナルTシャツTシャツ長持ちのコツ

オリジナルTシャツTシャツ長持ちのコツ

図にありますように

①塩素 サラシ:ウェアーを長くご愛用頂くために、洗濯をされる際はウエアーを

裏返した状態で、蛍光増白剤での洗濯はお進め出来ません。

②手洗い :ブルゾン・ジャンパーを洗濯される際は手洗いで洗濯をしてくだい。

洗濯機のご使用はお控えください。

③ドライ乾燥:メタリック・らめ・フロッキーなどの特殊加工したウエアーは

必ず単品で洗濯してください。長時間水につけたり、ぬれたまま放置したま

にしますと色移り・色剥がれのおそれがございます。

④アイロン:プリント部分は熱により様々な影響や損害を受けるおそれがござ

いますのでアイロンや乾燥機などのご使用はお控えください。

⑤陰干し:プリント部分は紫外線・直射日光により変色・損害する場合がご

ざいますので、洗濯後には陰干しをお勧めいたします。

以上 ご相談がございましたら お気軽にティーズファクトリー

info@tsfact.com   までご相談くださいませ。

 

ティーズファクトリーの新しいプリント方法

転写前

転写前

リフレクターレインボー②転写後リフレクターレインボー③転写前リフレクターレインボー④転写後 今まではリフレクター(ガラスビーズ)を使用し光に当たるとプリント部分が光る材料は一般的に普及しております。 例えば 道路標識 安全グッズなど良く見かけると思います。 今回ご紹介させて頂く商品は光に当たると角度によりガラスビーズ部分がレインボー(虹)のようにキラキラと輝きます。現在最新オリジナルプリント方法です。 ご紹介すする動画は花火が綺麗に打ちあがります。 オリジナルTシャツにもプリント可能でデザインにより大変面白い見え方をします。いくつかサンプルも掲載させて頂きますので ご用命の際はお声かけください。目立つ事間違いなし!! You Tube →https://youtu.be/gOCSnevc5ew

品番:146101 レギュラー キャンバス サコッシュ

品番:146101

レギュラー キャンバス サコッシュ

プチプラが魅力のキャンバス素材サコッシュ
ちょっとしたお出かけにぴったりなサイズ感

280/㎡のレギュラーキャンバス生地を使用したサコッシュ。サイクリング、旅行などのアクティブシーンにとても便利です。マチがなくシンプルな袋状で、普段持ち歩く小物を入れるのにちょうどよいサイズ。
袋口スナップボタン付。
019ナチュラルのみ無漂白エコマーク認定商品です。

※DELAWEARのブランドネームはつきません

ダンススタジオユニフォームの作成をして頂きました!

東京都N様よりダンススタジオでのユニフォームを作成して頂きました!

パープルのパーカーにピンクのインクが生えるデザインでございますね。

N様は元々ご自身で素敵にデザインして頂いたものをお送り頂き

こちらでプリントさせて頂きました。

N様のようにデータでの入稿でございますと

デザインの加工料金等がかかりませんので 是非ご利用くださいませ。

データ入稿の仕方

IMG_1411