キャンバストート(778-TCC)バッグのプリント最大サイズ目安!!

こんにちは!
ティーズファクトリーです。

前回ご紹介した『778-TCC/キャンバストート』ですが、しっかりとした丈夫な厚手の生地なので、オリジナルロゴやデザインをプリントした販売用のオリジナルバッグとしても、個人使用のバッグとしても、人気のあるアイテムとなっています。

オリジナルバッグの作成にあたって、プリントできるサイズを知っておくと、デザインを考える際のイメージや、完成時のイメージがわきやすいですよね!

そこで今回は、『778-TCC/キャンバストート』各サイズの、1色ごとに版を作ってインクを刷る「シルクプリント」「プリントできる最大サイズ目安」をご紹介したいと思います。

※加工設備の更新により、プリントできる最大サイズが変更になる場合がありますので、あくまでも目安としてご覧くださいませ。

 

バッグサイズ

↑ 画像をクリックすると拡大します。

サイズは、12色の各カラーそれぞれ「S」「SM」「M」「ML」「L」の5サイズあります。用途や好みに合わせてカラーやサイズが選べます。

 

プリント最大サイズ

※プリント位置は縫製下「約3cm」の位置からのプリント最大サイズになります。
※「Lサイズ」は
① 横幅が【30cm以内】なら縦幅は最大【26cm】まで
② 横幅が【30cmより大きい(最大35cm)】なら縦幅は最大【25cm】まで
となります。

 

今回は『778-TCC/キャンバストート』の各バッグサイズごとの「プリントできる最大サイズ目安(シルクプリント)」をご紹介しました。

これからオリジナルバッグの作成をされる方は、このプリント最大サイズの目安をぜひご参考にしてみてください!卒園記念品バッグの製作でしたら、15枚以上の作成で「学割」も適用されますよ!

こちらの『キャンバストート』で自動お見積りやご注文をされる際は、下記のページ内からご依頼いただけます。

【778-TCC / キャンバストート】
自動お見積りやご注文はこちら▶

トート・キャンバス地などの生地目がフラットではない商品は、プリント時に柄のアウトラインが若干にじんだり、細かい柄部分のかすれやつぶれ等が発生する場合がございますので、「細かい柄」はお勧めいたしません。インクが乗る部分も、生地が出る抜き部分も『約1.5~2mm』程度の太さがある柄がおすすめです。

写真をプリント!!1枚から作れるフルカラー転写プリント

新年明けましておめでとうございます!
ティーズファクトリーです。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします!!

さて、スマートフォンやデジタルカメラで撮影したお写真をTシャツやパーカーなどのウェアに、またトートバッグやエプロンなどのアイテムにプリントしたいと思ったことはありませんか?

例えば、成長記録としてお子さまやお孫さんのお写真、結婚祝いや還暦祝いや誕生日のプレゼントとしてお祝いしたい人のお写真、思い出の記念写真や愛してやまないペットのお写真など・・・

ティーズファクトリーでは、そういったご注文も承っております!お写真などのフルカラーのデザインは、1色ごとに版を作ってインクを刷る「シルクプリント」では表現できないため、プリント方法は『フルカラー転写プリント』になります。

 

フルカラー転写プリント

『フルカラー転写プリント』は、専用の特殊なシートにデザインを印刷して、シートを生地にプレス圧着させるプリント方法です。フルカラーのデザインの他に
・ 柄に使用している色数が多い多色表現のデザイン
・ ぼかしやグラデーション部分のあるデザイン
・ 柄がとても細かいデザイン

の場合も『フルカラー転写プリント』になります。

1枚だけオリジナルTシャツを作りたいという場合にも、版代がかからないため、「シルクプリント」よりお安く製作できるのでおすすめですよ!

シートを生地に貼り付けているので、プリント面には特有の光沢感があり、プリントするデザインの周りには、生地色に近い色で背景や縁取りが付きます。

 

プリント例

例えば、スマホで撮ったペットのお写真に少しアレンジを加えてTシャツにプリントする場合は ↓ になります。

元の写真から、プリントには不要な部分を消します。また少し暗めに写っていたので、写真の明るさの調整も行っています。今回は黒いTシャツ生地にプリントするので、背景や縁取りに黒色を付けて、入れたい文字やマークを入れます。

こんな感じで仕上りました。いかがでしょうか!

 

『フルカラー転写プリント』は、蛍光カラー・メタリックカラー・ラメカラーなどの特殊なカラーは表現できません。また、シートにデザインを印刷する際に、元のお写真や画像から色合いが若干変わってしまいます。生地色によっては、デザイン周りに付く背景や縁取りと生地の色合いに誤差が出る場合があります。予めご了承くださいませ。

Tシャツ、ポロシャツ、パーカーやトレーナーなどのスウェット類、ドライTシャツやジャージなどのドライスポーツウェア、ジャンパーやジャケットなどのブルゾン類、トートバッグやエプロンなどにも 『フルカラー転写プリント』でプリントが可能です。スマホのアプリで加工したお写真でも、なるべく高解像度の画質でご入稿いただければ綺麗にプリントできるので、自分だけの特別なオリジナルウェアやオリジナルグッツが作れますよ!お写真をプリントする際は、ティーズファクトリーまでぜひお気軽にご依頼くださいませ!!

袖や足の縦長プリント!横文字デザインおすすめのプリントの向き!!

こんにちは!
ティーズファクトリーです。

トレーナーやパーカーの袖部分、またスウェットパンツの足部分にオリジナルのデザインをプリントする場合、大きく入れようと思ったらプリントは「縦長」になります。ティーズファクトリーでは大きいウェアサイズの場合で、

・袖部分:横8.5cm×縦35cm
・足部分:横12cm×縦40cm

が、版を作ってインクを刷る「シルクプリント」のプリント可能最大サイズになります。

 

今までにご注文いただいたケースで最も多かったデザインは、アルファベットを使った『横文字』のデザインです。アルファベットの場合、もちろん「縦書き」で入れることも可能なのですが、「縦書き」だとバランスが悪くなってしまう場合があります。

筆記体のように文字同士がつながっている場合には、特に「縦書き」だと変になってしまいます。

お店で売られているトレーナーやパーカーやスウェットパンツのプリントデザインも、「横書き」のままデザインの向きを90度回転させてプリントされているものが多いように思います。

そこで今回は、『横文字』のデザインを縦長に大きくプリントする際のおすすめの【プリントの向き】についてご紹介します。

 

右袖・右足のプリント

頭文字が上(肩側・腰側)に来るように、文字を90度回転させて配置するのがおすすめです。腕や足を前に出した際に、文字が読みやすくなります。

 

左袖・左足のプリント

頭文字が下(袖口側・裾側)に来るように、文字を90度回転させて配置するのがおすすめです。腕や足を前に出した際に、文字が読みやすくなります。

 

このように、横書きアルファベットのデザインを袖や足にプリントする場合は、頭文字を上側にするなら【右袖・右足】に、頭文字を下側にするなら【左袖・左足】に配置すると、腕を前に出したり足を前に上げた際に、横書きの文字が見やすくなるのでおすすめです!

トレーナーやパーカーなどの長袖商品や、スウェットパンツなどのロングパンツ商品に大きく縦長にプリントをする際は、ぜひご参考にしてみてください!

オリジナルパンツのシルクプリントができる位置(範囲)について

こんにちは!!
ティーズファクトリーです。

学校の部活やサークル、スポーツチームやダンスチームなどのユニフォームや衣装や練習着として、オリジナルスウェットパンツやオリジナルハーフパンツのご注文をいただきます。

パンツ商品には、履いた時に側面に縫製があるもの(脇縫いあり)とないもの(脇縫いなし)、おしりのところにヒップポケットがあるものとないもの、ロングパンツかハーフパンツかなど、様々な種類があります。

今回は、どのパンツ商品のどの位置にオリジナルのデザインをプリントするのか、これからオリジナルパンツの作成をされる際のご参考になればと、オリジナルパンツの『シルクプリント(版を作ってインクを刷るプリント方法)のプリントできる位置(範囲)』についてご紹介します!

※パンツ商品のシルクプリントができる最大サイズは、大きいウェアサイズの場合でMAX『横12cm×縦40cm』までとなります。
①パンツの種類
②ウェアのサイズ
③プリント位置

によって、プリントできる柄(デザイン)のサイズは変わりますので、今回ご紹介する『シルクプリントのプリントできる位置(範囲)』のサイズとは異なります。ご注意くださいませ。
【柄のプリントサイズ≒プリントできる位置(範囲)】

 

足のプリント位置(範囲)

横は
【側面に縫製があるもの(脇縫いあり)の場合】
股下の縫製から「約3cm以上」離したところから、側面の縫製から「約3cm以上」離したところまでがプリントできる位置(範囲)になります。
【側面に縫製がないもの(脇縫いなし)の場合】
股下の縫製から「約3cm以上」離したところからがプリントできる位置(範囲)になります。側面(真横)の位置にもプリントが可能です。

縦は
【ロングパンツ(足首リブに絞りがあるもの)の場合】
サイドポケット縫製から「約10cm以上」離したところから、足首リブ縫製から「約5~10cm以上」離したところまでがプリントできる位置(範囲)になります。
【ハーフパンツ(足裾リブに絞りがないもの)の場合】
サイドポケット縫製から「約10cm以上」離したところから、足裾リブ縫製から「約3cm以上」離したところまでがプリントできる位置(範囲)になります。

※プリントできる位置(範囲)の中で、最大『横12cm×縦40cm』まで(大きいウェアサイズの場合)となります。プリントする位置・柄の大きさ・ウェアサイズによっては、プリントサイズやプリント位置に制限が出てくる場合があります。
※足首の絞り部分のシワが大きいウェアの場合、足裾の位置へのプリントは足首リブ縫製から「約8cm以上」離したところからのプリントになります。
※大きいウェアサイズに「縦幅40cmの柄(デザイン) 」 をプリントする場合は、足首リブ縫製から「約10cm以上」離したところからのプリントになります。
※キッズサイズは、プリント時に生地を伸ばして加工台にセッティングする場合があるため、生地が伸びる恐れがあります。

 

おしりのプリント位置(範囲)

横は
おしりの中央縫製から「約3cm以上」離したところから、側面の縫製から「約3cm以上」離したところまでがプリントできる位置(範囲)になります。

縦は
【ロングパンツの場合】
腰リブ縫製から「約10~15cm以上」離したところからがプリントできる位置(範囲)になります。
【ハーフパンツの場合】
腰リブ縫製から「約10cm以上」離したところからがプリントできる位置(範囲)になります

※ロングパンツの場合、腰リブ縫製からどのくらい離すかは、柄(デザイン)のプリントサイズによって変わります。
※おしりの中央縫製をまたぐプリントはできません。

 

ヒップポケットのプリント位置(範囲)

ヒップポケットがある商品で、ポケットのところにプリントをする場合は、ポケットの内側縫製内の「中央配置」で、シルクプリントができる最大サイズは「横5cm×縦5cm」までとなります。

※1色プリントのみのご対応です。

 

■ご注意■

パンツ商品へのプリントは、「プリントする位置」「柄の大きさ」「ウェアサイズ」によって、プリントサイズやプリント位置に制限が出てくる場合があります。また、「ベタ部分の大きい柄」「2色以上の多色プリント」「プリントサイズの大きい柄」などの柄内容によって、シルクプリントに何らかの制限が出てくる場合があります。予めご了承くださいませ。

 

今回ご紹介したオリジナルパンツの『シルクプリントのプリントできる位置(範囲)』以外のイレギュラーの位置にプリントをご希望の場合は、ティーズファクトリーまでお気軽にご相談ください。プリント位置やデザインサイズ、また柄(デザイン)の内容が分かれば、プリントが可能かどうか確認させていただきます!お見積りのご依頼も無料ですので、ぜひぜひお問い合わせくださいませ!!

オリジナルパーカーのシルクプリントができる位置(範囲)について

こんにちは!!
ティーズファクトリーです。

寒くなってきて、着るものもパーカーやトレーナーが多くなってきました!オリジナルプリントウェアの製作でも、秋や冬はパーカーやトレーナーなどのスウェット類でご注文される方が多くなってきます。

スウェット類の中でも、特に人気のあるアイテムは「パーカー」になります。パーカーは、ジップ無しでかぶりタイプの「プルパーカー」と、前開きタイプの「ジップパーカー」があります。また生地の裏面が、タオルのようなパイル状に編み込んで浮かせた「裏毛/裏パイル」と、裏毛を起毛させたボリューム感のある「裏起毛」があり、好みや用途によって選べるのもうれしいですよね!

今回はそんな人気のオリジナルパーカーの、『シルクプリント(版を作ってインクを刷るプリント方法)のプリントできる位置(範囲)』についてご紹介します!

※プリントする柄(デザイン)のサイズは、
①パーカーの種類
②ウェアのサイズ
③柄の内容(大きさ・色数・ベタ部分の多い/少ないなど)

によって変わりますので、今回ご紹介する『シルクプリントのプリントできる位置(範囲)』のサイズとは異なります。ご注意くださいませ。
【柄のプリントサイズ≒プリントできる位置(範囲)】

 

胸(胸中央・右胸・左胸)のプリント位置(範囲)

横は
【プルパーカーの場合】
左右の袖付け根縫製部分からそれぞれ「約5cm以上」離したところからがプリントできる位置(範囲)になります。
【ジップパーカーの場合】
ジップの縫製部分から「約5cm以上」離したところから、袖付け根縫製部分から「約5cm以上」離したところまでがプリントできる位置 (範囲) になります。

縦は
フードの付け根縫製部分から「約5cm以上」離したところから、お腹のポケット縫製部分から「約5cm以上」離したところまでがプリントできる位置 (範囲) になります。

 

背中(背中中央・襟下・裾)のプリント位置(範囲)

横は
左右の袖付け根縫製・脇下の側面縫製部分からそれぞれ「約5cm以上」離したところからがプリントできる位置 (範囲) になります。

縦は
フードの付け根縫製部分から「約5cm以上」離したところから、裾リブ縫製部分から「約5~8cm以上」離したところまでがプリントできる位置 (範囲) になります。

※裾の絞り部分のシワが大きいウェアの場合、裾の位置へのプリントは裾リブ縫製部分から「約8cm以上」離したところからのプリントになります。

 

袖(右袖・左袖)のプリント位置(範囲)

横は
脇下から袖口にかけての縦ライン縫製から「約5cm以上」離したところからがプリントできる位置 (範囲) になります。基本的にはパーカーを着て真横から見た位置(袖側面の位置)になりますので、イレギュラーな位置へのプリントをご希望の場合は、事前にご相談ください。

縦は
肩の袖付け根縫製部分から「約8cm以上」離したところから、袖口リブ縫製部分から「約5~8cm以上」離したところまでがプリントできる位置 (範囲) になります。

※袖口の絞り部分のシワが大きいウェアの場合、袖口の位置へのプリントは袖口リブ縫製部分から「約8cm以上」離したところからのプリントになります。
※「140サイズ以下」のウェアサイズは、袖へのプリントはできません。
※「150サイズ・SSサイズ」のウェアサイズは、プリント時に生地を伸ばして加工台にセッティングする為、生地が伸びる恐れがあります。
※柄(デザイン)のプリントサイズは、どのウェアサイズも最大「横幅8.5cm」までとなります。

 

■ご注意■

パーカー商品へのプリントは、「ベタ部分の大きい柄」「2色以上の多色プリント」「プリントサイズの大きい柄」などの柄内容によって、シルクプリントに何らかの制限が出てくる場合がございます。予めご了承くださいませ。

 

パーカーへのシルクプリントは、
・胸(胸中央 / 右胸 / 左胸)の位置
・背中(背中中央 / 襟下 / 裾)の位置
・袖(右袖 / 左袖)の位置

のいずれかの位置になります。
※フード部分は、外生地と内生地で構成されている「二重生地(2重フード)」になっているため、シルクプリントはできません。またポケット部分もシルクプリントはできません。

また、パーカーの背中中央にプリントする場合は
①Tシャツなどと同じような一般的な高さの位置(肩甲骨あたり)
②フードがある分、通常よりも高さを下げた位置

のどちらかをご指定いただけます。

※①をご指定の場合、フードを下ろした際に柄がフードで隠れる恐れがありますが、同じ柄で今後Tシャツなどの作成をする際は、同じ版を使用しても、一般的な高さの位置(肩甲骨あたり)にプリントすることができます。
②をご指定の場合、同じ柄で今後Tシャツなどの作成をする際は、同じ版を使用すると、一般的な高さの位置(肩甲骨あたり)よりも下がった位置になるか、または新たに版を作る(新たに製版代がかかる)かたちになります。

 

あたたかくて動きやすいパーカーは、アクティブシーンのユニフォームやチームウェアとしても、家でのリラックスウェアとしても、普段着のオシャレアイテムとしても、幅広いシーンでご利用いただける人気のアイテムです!これからパーカー商品で、オリジナルのロゴやデザインをプリントしたオリジナルパーカーの作成をお考えの方は、ぜひご参考にしてみてくださいね!

低価格オリジナルTシャツ!4.0オンスライトウェイトTシャツ(083-BBT)のプリント最大サイズ目安!!

こんにちは!!
ティーズファクトリーです。

最近、新型コロナウイルス対策として三密を避け、ソーシャルディスタンスを守りながらイベントを再開されているところが増えてきましたね!イベント用のオリジナルTシャツやスタッフTシャツなどの製作も、ティーズファクトリーで承っております!

ただ、集客人数をコロナ前よりも減らさないといけなかったりで、オリジナルTシャツの作成にあまりお金をかけられず、予算を下げて注文したいという企業様や団体様もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時にオススメなのが、ボディ代が低価格の『083-BBT/4.0オンスライトウェイトTシャツ』です!今までにも、学校のクラスTシャツや単発イベント用のオリジナルTシャツなど、「とにかく安くオリジナルTシャツを作りたい!」という方からのご注文が多く、ティーズファクトリーでは『5001/5.6オンスハイクオリティーTシャツ』や『085-CVT/5.6オンスヘビーウェイトTシャツ』に続く人気の綿Tシャツです。

生地の厚さ(重さ)は「4.0オンス」と、綿Tシャツ商品の中では「薄手」に当たりますが、首元のリブ部分はハードな使用にも耐えうる二本針縫製(ダブルステッチ)になっているので、コストパフォーマンスと軽量感に優れています!

夏の暑い時期でも薄手なので着やすく、また春・秋・冬にはインナーとしても活躍の場が多い、気軽に使えるリーズナブルな【083-BBT】商品は、「全38色」のカラーバリエーションと「全7サイズ」のサイズバリエーションになっていて、生地に使用している糸は【085-CVT】商品と同じ「カード糸」になります。少しサラっとしていて、硬めのシャリ感や清涼感のある、ラフな着心地が楽しめます。

前回【300-ACT】・前々回【5001】に引き続き、今回はその第3弾!『083-BBT/4.0オンスライトウェイトTシャツ』に、1色ごとに版を作りインクを刷る「シルクプリント」でプリントする際の、各ウェアサイズ・各プリント位置ごとの「プリントできる最大サイズ目安」をご紹介します。

※加工設備の更新により、プリントできる最大サイズが変更になる場合がありますので、あくまでも目安としてご覧くださいませ。

※シルクプリントは、ウェアの各縫製部分から「約3cm」ほど離したフラットな面にプリントします。シルクプリントの版のサイズは
・通常サイズ:横30cm×縦40cm
・特大サイズ:横35cm×縦50cm

の2サイズがあります。

 

ウェアサイズ

↑ 画像をクリックすると拡大します。

『083-BBT/4.0オンスライトウェイトTシャツ』は、「150」「160」のキッズ(子供用)2サイズと、「S」から「XXL」のアダルト(大人用)5サイズの、全部で『7サイズ』の展開です。全てユニセックスサイズ仕様の着こなしやすいレギュラーシルエットになります。

 

胸面のプリント最大サイズ

※「発泡」や「フロッキー」は、最大【横29cm×縦42cm】までになります。
※「細かい柄」や「大量製作時」は、最大【横35cm×縦43cm】になる場合があります。

 

背面のプリント最大サイズ

※「発泡」や「フロッキー」は、最大【横29cm×縦42cm】までになります。
※「細かい柄」や「大量製作時」は、最大【横35cm×縦43cm】になる場合があります。

 

右袖・左袖のプリント最大サイズ

※袖部分にプリントできる最大横幅は「8.5cm」までとなります。

 

前裾・後裾のプリント最大サイズ

※「160」「S」のサイズは、
① 横幅が【32cm以内】なら縦幅は最大【45cm】まで
② 横幅が【32cm以上(最大35cm)】なら縦幅は最大【32cm】まで
となります。

 

右側面・左側面(脇下)のプリント最大サイズ

 

今回は『083-BBT/4.0オンスライトウェイトTシャツ』の各ウェアサイズ・各プリント位置ごとの「プリントできる最大サイズ目安(シルクプリント)」をご紹介しました。

Tシャツカラーが白色や淡色だと、薄手生地のためインナーや肌が透ける恐れがありますが、あえて透けを利用した重ね着でおしゃれを演出したりするのも楽しいと思いますよ!また【083-BBT】商品は、カラーバリエーションも豊富な低価格Tシャツなので、学校のクラスごとやサークルごとにTシャツカラーを変えたり、気分や用途に合わせて選べるように色違いでご注文いただくのにもおすすめです!

プリントするデザインをどのくらいの大きさにするか、こだわりながら作って仕上がったオリジナルTシャツは、きっと素敵なものになるはずです!ぜひ「プリントできる最大サイズ目安(シルクプリント)」をご参考くださいませ!!

オリジナルTシャツのド定番!5.6オンスヘビーウェイトTシャツ(085-CVT)のプリント最大サイズ目安!!

こんにちは!!
ティーズファクトリーです。

前回は、オリジナルTシャツ作成で大人気商品である『5001/5.6オンスハイクオリティーTシャツ』の「プリントできる最大サイズ目安」をご紹介しましたが、それと並んで非常に人気のある、オリジナルTシャツのド定番商品!『085-CVT/5.6オンスヘビーウェイトTシャツ』があります。

この商品は、1年を通してたくさんのお客様からオリジナルTシャツ作成のご注文をいただきます。全部で「57色」という豊富なカラーバリエーションで、生地色の発色も良く、またサイズバリエーションも「15サイズ」ととても幅広くご用意しています。

生地の厚さ(重さ)は【5001】商品と同じ「5.6オンス」ですが、【5001】商品の「セミコーマ糸」で作られる生地よりも、【085-CVT】商品は少しサラっとしていて、硬めのシャリ感や清涼感のあるラフな着心地が楽しめる「カード糸」という、比較的安価で作れる糸を使用しています。そのため、Tシャツ自体の価格も【5001】商品よりも安くおさえることができ、「クオリティーはあまり下げずになるべく予算を押さえてオリジナルTシャツを作りたい」という方におすすめの綿Tシャツです!

前回に引き続き、今回は第2弾として『085-CVT/5.6オンスヘビーウェイトTシャツ 』に、製版してインクを刷る「シルクプリント」でプリントする際の、各ウェアサイズ・各プリント位置ごとの「プリントできる最大サイズ目安」をご紹介します。

※加工設備の更新により、プリントできる最大サイズが変更になる場合がありますので、あくまでも目安としてご覧くださいませ。

※シルクプリントは、ウェアの各縫製部分から「約3cm」ほど離したフラットな面にプリントします。シルクプリントの版のサイズは
・通常サイズ:横30cm×縦40cm
・特大サイズ:横35cm×縦50cm

の2サイズがあります。

 

ウェアサイズ

↑ 画像をクリックすると拡大します。

『085-CVT/5.6オンスヘビーウェイトTシャツ』は、「100」から「160」のキッズ(子供用)7サイズ、「WM」から「WL」のウーマン(女性用)2サイズ、そして「S」から「XXXL」のアダルト(大人用)6サイズの、全部で『15サイズ』の展開です。ウーマンサイズ(レディースサイズ)は、首元の襟ぐりがキッズサイズやアダルトサイズよりも広めで、首リブも細くなっており、女性らしい仕様になっています。お子様から大人まで、また男性や女性の混合など、あらゆるグループやチーム、団体様でおそろいのオリジナルTシャツが作れるサイズ展開になっています。

 

胸面のプリント最大サイズ

※「発泡」や「フロッキー」は、最大【横29cm×縦42cm】までになります。
※「細かい柄」や「大量製作時」は、最大【横35cm×縦43cm】になる場合があります。

 

背面のプリント最大サイズ

※「発泡」や「フロッキー」は、最大【横29cm×縦42cm】までになります。
※「細かい柄」や「大量製作時」は、最大【横35cm×縦43cm】になる場合があります。

 

右袖・左袖のプリント最大サイズ

※「100」「110」のサイズは、袖にプリントはできません。

 

前裾・後裾のプリント最大サイズ

※「100」のサイズは、生地を伸ばして加工台にセッティングするため、生地が伸びる恐れがあります。
※「160」「WL」「S」のサイズは、
① 横幅が【32cm以内】なら縦幅は最大【45cm】まで
② 横幅が【32cm以上(最大35cm)】なら縦幅は最大【32cm】まで
となります。
※「WM」のサイズは、
① 横幅が【26cm以内】なら縦幅は最大【40cm】まで
② 横幅が【26cm以上(最大35cm)】なら縦幅は最大【27cm】まで
となります。

 

右側面・左側面(脇下)のプリント最大サイズ

※「100」「110」「120」「130」のサイズは、「脇ハギ(側面縫製あり)」仕様から「丸胴(側面縫製なし)」仕様に変更しています。カラーやサイズにより両仕様が混在する場合があるため、事前にご相談ください。

 

今回は『085-CVT/5.6オンスヘビーウェイトTシャツ』の各ウェアサイズ・各プリント位置ごとの「プリントできる最大サイズ目安(シルクプリント)」をご紹介しました。

【085-CVT】商品と【5001】商品のプリントできる最大サイズ目安は、レディースサイズ以外はほとんど同じです。(レディースサイズのみ、【5001】のG-S・G-M・G-Lと【085-CVT】のWM・WLで、身丈・身幅・肩幅・袖丈の寸法が大きく異なるため、プリントサイズも異なります。)

【085-CVT】商品や【5001】商品と各サイズの寸法(身丈・身幅・肩幅・袖丈)が同じだったり近いものであれば、他の「綿素材Tシャツ」の商品も、プリントできる最大サイズ目安は同じになります。オリジナルプリントTシャツ製作をご検討中でしたら、ぜひご参考にしてみてくださいね!!

大人気!5.6オンスハイクオリティーTシャツ(5001)のプリント最大サイズ目安!!

こんにちは!
いつもブログをご覧いただき、誠にありがとうございます!!

あっという間に8月も終わり、まだまだ暑い日もあるでしょうが、9月に入ったら心なしか空気も少し涼しくなったような気がします。日が暮れて暗くなるのも以前より早くなりましたよね。大好きな夏が終わってしまった感が否めません。。。

さて、オリジナルTシャツと言ったら、長年愛され続けている大人気商品の『5001/5.6オンスハイクオリティーTシャツ』があります。ティーズファクトリーのウェブサイトでも、ウェアカテゴリーの「Tシャツ」をクリックすると真っ先に出てくる綿Tシャツの商品です。

人気の理由は、カラーバリエーション(全56色)やサイズバリエーション(全17サイズ)が豊富で、ウェア価格もお手頃なのに、首リブの縫製がダブルステッチ(二重縫製)で型崩れしにくく、「5.6オンス」というしっかりとした生地の厚さ(重さ)というところではないでしょうか!さらに「セミコーマ糸」という毛羽立ちがおさえめでやわらかい糸を使用しており、洗濯後も生地がガサガサになりにくい、その名の通り「ハイクオリティー」なTシャツです。

今回は、その『5001/5.6オンスハイクオリティーTシャツ』に、1色ごとに版を作りインクを刷る「シルクプリント」でプリントする際の、各ウェアサイズ・各プリント位置ごとの「プリントできる最大サイズ目安」をご紹介したいと思います。

※加工設備の更新により、プリントできる最大サイズが変更になる場合がありますので、あくまでも目安としてご覧くださいませ。

※シルクプリントは、ウェアの各縫製部分から「約3cm」ほど離したフラットな面にプリントします。シルクプリントの版のサイズは
・通常サイズ:横30cm×縦40cm
・特大サイズ:横35cm×縦50cm

の2サイズがあります。

 

ウェアサイズ

↑ 画像をクリックすると拡大します。

『5001/5.6オンスハイクオリティーTシャツ』は、「90」から「160」のキッズ(子供用)8サイズ、「G-S」から「G-L」のガールズ(女性用)3サイズ、そして「S」から「XXXL」のアダルト(大人用)6サイズの、小さなお子様から高身長な大人まで、おそろいのオリジナルTシャツを作成することも可能な、幅広い年代・幅広い用途に答えられる、全部で『17サイズ』の展開となっています。

 

胸面のプリント最大サイズ

※「発泡」や「フロッキー」は、最大【横29cm×縦42cm】までになります。
※「細かい柄」や「大量製作時」は、最大【横35cm×縦43cm】になる場合があります。

 

背面のプリント最大サイズ

※「発泡」や「フロッキー」は、最大【横29cm×縦42cm】までになります。
※「細かい柄」や「大量製作時」は、最大【横35cm×縦43cm】になる場合があります。

 

右袖・左袖のプリント最大サイズ

※「90」「100」「110」のサイズは、袖にプリントはできません。

 

前裾・後裾のプリント最大サイズ

※「90」「100」のサイズは、生地を伸ばして加工台にセッティングするため、生地が伸びる恐れがあります。
※「160」「G-L」「S」のサイズは、
① 横幅が【32cm以内】なら縦幅は最大【45cm】まで
② 横幅が【32cm以上(最大35cm)】なら縦幅は最大【32cm】まで
となります。
※「G-M」のサイズは、
① 横幅が【26cm以内】なら縦幅は最大【40cm】まで
② 横幅が【26cm以上(最大35cm)】なら縦幅は最大【27cm】まで
となります。

 

右側面・左側面(脇下)のプリント最大サイズ

※「90」「100」「110」「120」「130」「140」のサイズは、縫製があるので側面にプリントはできません。

 

今回は『5001/5.6オンスハイクオリティーTシャツ』の各ウェアサイズ・各プリント位置ごとの「プリントできる最大サイズ目安(シルクプリント)」をご紹介しました。

シルクプリントは版を作るので、同じ版を使ってプリントする限り(版換えをしない限り)、どのウェアサイズにも同じ柄内容・同じ柄サイズでプリントが入ります。例えば、子供用から大人用までおそろいのオリジナルTシャツを作る時は、1番小さいウェアサイズにプリントできる大きさで版を作るので、大人用のTシャツにも子供用にあわせた小さいプリントになります。

あらかじめ、各ウェアサイズのプリントできる最大サイズが分かれば、プリントサイズもどのくらいの大きさになるのか、イメージしやすいのではないでしょうか!

これからオリジナルプリントオーダーTシャツの作成で、『5001/5.6オンスハイクオリティーTシャツ』にプリントをご検討中の場合は、ウェアサイズを選ぶ時や、プリントするデザインを考える時のご参考にしてみてください!!

プリント加工製品のお取り扱いのご注意について

こんにちは!!
ティーズファクトリーです。

Tシャツやポロシャツなど首元の襟の内側、あるいは腰付近のサイド内側にタグがあるかと思いますが、そのタグには「洗濯表示」と呼ばれる記号が記載されています。

の写真は、左側は綿100%素材Tシャツのタグ、右側はポリエステル100%素材Tシャツのタグになるんですが、それぞれのタグに記載されている洗濯表示は、ウェアのお取り扱いについての記号で、例えば

・塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止
・タンブル乾燥禁止
・ドライクリーニング禁止
・日陰のつり干しがよい

などを表しています。その他は、洗濯時の液温は40℃を限度で「弱い洗い」や「非常に弱い洗い」と洗う時の強弱設定が違ったり、アイロンの設定温度が違うなど、ウェアそれぞれによってお取り扱い方に違いがあります。

ウェアなどの素材によってそれぞれのお取り扱い方(洗濯表示記号)があるように、ティーズファクトリーでオリジナルのデザインをプリント加工した製品にも、プリント加工部分に不良や不具合が生じないよう、お守りいただきたい『お取り扱いのご注意』があります!

 

洗濯について

洗濯は「30℃以下」の水温で洗濯機の「非常に弱い」設定で洗ってください

 

漂泊について

「塩素系」及び「酸素系」の漂白剤はご使用できません

 

クリーニングについて

ドライクリーニングはできません

※「ドライクリーニング」とは、洗剤を溶かした水の代わりに、油をよく溶かす工業ガソリンなどの有機溶剤を使って洗濯することです。

 

乾燥について

「家庭用洗濯乾燥機」や「コインランドリー乾燥機」などのタンブル乾燥のご使用はできません

※「タンブル乾燥(タンブラー乾燥)」とは、回転させながら熱風を当てて乾燥させることです。

 

アイロンについて

プリント面にアイロンはかけられません

 

使用・保管について

長期に渡ってプリント面に日光(紫外線)を当てるとプリントの劣化や不具合が生じる恐れがあります

高温状態での保管はプリントの劣化や不具合が生じる恐れがあります

プリント面が重なり合う状態での保管はプリント同士がくっ付く恐れがあります

 

お手入れのおすすめポイント!

・プリント加工をした製品を洗濯機で洗う際は、プリント面が内側になるようにウェアなどを裏返しにして、洗濯ネットに入れるのをおすすめします。

・洗濯して脱水した後はそのままの状態で放置せずに、速やかにウェアなどを広げて(プリント面を広げて)、日陰干しで自然乾燥をおすすめします。

 

以上の『お取り扱いのご注意』をお守りいただくことによって、オリジナルTシャツなどのプリント加工をした製品は、プリント面にダメージを与えにくく長持ちさせることができます。せっかく製作したオリジナルTシャツなどのプリントウェアやアイテムですから、大事に長持ちさせたいですよね!『お取り扱いのご注意』をお守りいただけず、製品不良や不具合が生じてしまった場合のご返品はお受けできませんので、ぜひお守りくださいませ!!

※「蛍光」「メタリック」「ラメ」「発泡」「フロッキー」「箔」「転写」など、一部のプリントはプリント工程上で『プレス』をします。(プレスとは熱圧力をかける、押し付けることです。)プレスをすると【プレス跡】が残る場合がありますが、一度お洗濯いただきますと消えるのでご安心ください。

シルクプリントのインクの色替えについて

こんにちは!!
ティーズファクトリーです!

オリジナルTシャツやオリジナルポロシャツなどのプリントウェアを作成する際に、例えば「白Tシャツには黒プリント」、「黒Tシャツには白プリント」など、プリントするデザインは同じだけど、Tシャツのカラーやウェアの種類に合わせてプリントするカラーをかえたいというケースのご注文が多々あります。

販売用のオリジナルウェアをいろんなカラーバリエーションで作りたい場合や、クラブや団体のオリジナルTシャツを男性と女性、あるいは大人と子供でTシャツカラーとプリントカラーをかえたい場合、学校の学園際や文化祭、体育祭や運動会のスクールTシャツをクラスごとに色をかえたい場合や、部活TシャツやサークルTシャツを学年ごとに配色をかえたい場合、またダンススクールの発表会やイベントで、ナンバーやチームごと、Tシャツやパーカーなどのアイテムごとにプリントカラーをかえたい場合など・・・

その場合、シルクプリント(シルクスクリーン)なら『インクの色替え』をすれば、ご希望のウェアにご希望のインクカラーでプリントすることができます!今回は『インクの色替え』についてご紹介します。

 

インクの色替えとは

シルクプリント(シルクスクリーン)は版(型)を作ってインクを刷る方法です。ウェアを加工台にセッティングし、ウェアの上にプリントするデザインの部分だけインクを通すように施した版を配置したら、インクを版に乗せてスキージーと呼ばれる道具でプリントしていきます。

インクの色替えとは、1回(1案件)のご注文の中でウェアによってインクカラーをかえる際に、版に付いたインクをキレイに洗い落として、違う色のインクを版に乗せられる状態にする作業のことを言います。

ティーズファクトリーでは、この色替えの作業代として、1版1回色を替えるごとに「1,080円(税抜)」の料金をいただいています。

今回の製作は全て同じインクカラーでプリント、次回(別の機会)の追加製作で前回とは違うインクカラーでプリントというような、別の案件扱いになる場合はインクの色替え代は発生しません。

 

インクの色替えお見積り例

・アイテム:5001 / 5.6オンスハイクオリティーTシャツ(S~XLサイズ)
・製作枚数:30枚(ホワイト15枚 / カラー15枚)
・プリント:1箇所1色プリント:横30cm×縦40cm以内
・インクの色替え:1回

上記の製作内容の場合だと、お見積りはになります。

 

・アイテム: 5001 / 5.6オンスハイクオリティーTシャツ(S~XLサイズ)
・製作枚数:30枚(カラー30枚)
・プリント:1箇所1色プリント:横30cm×縦40cm以内
・インクの色替え:2回

上記の製作内容の場合だと、お見積りはになります。

 

・アイテム:5001 / 5001 / 5.6オンスハイクオリティーTシャツ(S~XLサイズ)
・製作枚数:30枚(カラー30枚)
・プリント:1箇所2色プリント:横30cm×縦40cm以内
・インクの色替え:1回×2版分=2回

上記の製作内容の場合だと、お見積りはになります。

※表示価格は全て税抜き金額です。
上記価格以外に、デザイン料や消費税や送料などが別途かかります。

 

これからオリジナルデザインをプリントしたオリジナルウェアの作成で、インクカラーをウェアによってかえて作りたい場合は、ぜひご参考にしてみてください!