2014-15秋冬流行カラー

こんにちは!大曽根店の丹羽ですヽ(・∀・)ノ

今日は、今年の秋冬大注目の流行カラーを紹介したいと思います☆

ラディアント•オーキッド!!

なんじゃ、そりゃ?!って感じですよね(*´м`*)
こんな色です。
↓ ↓ ↓

流行色
<光り輝く蘭>という意味だそうです。
ピンクとパープルが調和して、喜びや愛情、健康を纏うカラーとして
位置づけられているんですって(`・∀・´)ノ

ちなみに、ティーズファクトリーで使用できるプリントカラーだと
こんな感じになります!

部屋のキーカラーをラベンダー色にするほど、この色が大好きな私としては、
流行と言わず定番化してほしいものですo(・ω・´o)

以上、丹羽でした(人*´∀`)+゚:。*゚+

ハイグレードなロングTシャツ

こんにちは
杉山アイコン

 

 

 

 

 

本日は、新たに取り扱いを始めた
商品のご紹介をしたいと思います!

商品は、
159-HGL ハイグレードロングTシャツ】です!

sugiyama1119
こちらの商品は、
158-HGT ハイグレードTシャツ」の長袖版となります!
このウェアは、とにかく分厚く、強いです!
繰り返し使われるお客様にはオススメの商品です。

注意する点があるとすれば、通常のTシャツより大きめですので
サイズをお決めになる際は、しっかりとサイズ表と照らし合わせながら
自分に合ったサイズ選びをオススメします!

それでは、また次回!

おすすめブルゾン★

こんにちはー。森川です!

今日は「雪見だいふくの日」ですよー!!
雪見だいふくのパッケージをはがすして、
縦にすると「18」に見えることから、
「11」いい「18」雪見だいふくの日になったそうです☆

たまに雪見だいふく食べたくなりますね♪
私はやっぱりノーマル雪見が好きです!!

今日は、商品の紹介をしたいと思います♪(^^)
紹介したい商品は「077-CJ コーチジャケット」です!

じゃん!!

11-18blogこちらの商品は今期新たに発売された商品です♪
ブルゾンの場合、サイズ展開が2サイズなど少ないことが多いですが、
「077-CJ コーチジャケット」 は「S~XL」まで展開があるため、
女性の方やぴったり着用したい方にも対応できるウェアです☆
写真は162cmで「Mサイズ/バーガンディ」着用です!

身頃の裏地はトリコット(ポリエステル100%)となっておりますので、
薄手ながら保温性もあるウェアですよ!!

今期おすすめ商品のご案内でした☆
それではまた次回~(^^)/

アクティブベンチコート!^^

お久しぶりです!前回まで池袋の鈴木です!と書かせていただいていた、今月からは名古屋大曽根店に異動となった鈴木です!^^

今回は、前々回に引き続き、コートの着用写真を掲載したいと思います!
ウェアは230-ABC/アクティブベンチコート!前々回にご紹介したMJ0055/アクティブサーモコートよりも分厚く、当店で現在取り扱っているジャンバー・ブルゾン類のカテゴリーの中では一番暖かいコートです!

↓↓↓画像はこちら!↓↓↓

デザイン元ファイル
身長158cmの私がLサイズを着用した場合の写真ですが、丈も長く、とにかくフード、袖、身頃全て、中綿が入っているので暖かい!今日のブログのために少し着用していただけでも、背中のあたりにあたたかい空気ができてきたなー、と思ったくらいです!寒いところで着用を予定されている場合は、とてもオススメの1着です!^^
当店HP上では、ウェアそれぞれのご紹介ページに、【このウェアについて】という
商品ご説明も掲載しておりますので、よろしければ目を通していただくと、よりそれぞれのウェアの相違点などお分かりいただけるかもしれません!^^
ちなみにアクティブベンチコートについての【このウェアについて】はこちら!↓

ロング丈+袖部にもたっぷり入った中綿で、全身を保温するコートです。名の通り、ベンチでじっと機会を待つアスリート向け。ジップ+ボタンで首元までしっかり閉められるので、吹き付ける風も怖くない。150サイズはキッズやレディースとしても使用可能で、最大XLサイズまで。カラーは基本的な6色展開。裾口はボタンスナップ&スリットを設けてあり、ロング丈ながらも動きやすさをキープ。透湿防水素材の採用で、多少の雨からも守ってくれる頼れる一着です。

これから段々寒くなってくるので、はやめの対策で風邪をひかないよう頑張っていきたいですね!
それではまた次回!^^

Illustratorの書体アウトライン化

こんにちは!
販売スタッフの原です。

先日のブログでもデータの入稿についてはご説明させて頂きましたが、
今回はアウトライン化の手順についてまとめてみました!!
※先日のデータ入稿についてのブログはこちらアウトライン化説明その他、ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせ下さい!

デザインの入稿について!〜データ入稿編〜(連日投稿全4編)

こんにちは!
販売スタッフの山下です(*´∀`*)ノ

11月に入り最近はますます寒くなってきましたね!
冷え性の私にはつらい季節です・・・
膝掛けやモコモコ靴下等のあったか防寒グッズが手放せません(>_<)

さて、今回も引き続きデザインの入稿方法についてご説明いたします!
今回は〜データ入稿編〜です。

入稿について(データ入稿)2

ご注意頂きたい点は、

[Illustrator]
・書体のアウトライン化
・バージョン8.0〜CS3で保存
・線の太さは3pt(1mm)以上、インクとインクの隙間(抜きの部分)も3pt以上必要
・フィルタや効果はシルクプリントでは表現できない
転写プリントなら表現可能です!)
・ワープを使ったら分割・拡張をかける(アピアランスの分割必須です!)

[Photoshop]
・解像度は実寸350dpi/inch以上(推奨600dpi)
・線の太さは3pt(1mm)以上
・基本的に一色プリントのみ対応
(別の色のインク同士が重ならないデザイン、色別にレイヤー分けをしてある
データ等、プリント可能な場合もあります!)

[Excel/Word](非推奨)
・Excel/Wordで作成したデータと一緒に、スクリーンショット又は
印刷後スキャンしたデータをメールに添付して送信

 

・・・いかがでしたか?
今回で4日連続投稿のデザイン入稿のご説明も最後になります。

これでみなさまの疑問や不安が少しでも解消されたら幸いです♡

 

デザインの入稿について!〜手書き原稿編〜(連日投稿全4編)

皆様こんにちはー

小川

 

 

 

 

昨日、一昨日と続き、今回もデザイン入稿に関してブログでかかせて頂きます。

今回は第3弾目「手書き原稿」での入稿についてです。

店頭でもよく頂くタイプのデザインですねー( ´ ▽ ` )ノ

入稿デザインについて(そのままプリント)このブログを読んで、デザイン案の不備による再入稿の手間を少しでもはぶけるお手伝いができれば幸いです♪

明日は最後の第4弾目!!

乞うご期待くださいませ〜

デザインの入稿について!〜ラフ原稿編〜(連日投稿全4編)

こんにちは!ヽ(*´^`)ノ大曽根店の丹羽です☆

今日は、昨日に引き続きデザイン入稿についてのお話をさせていただきたいと
思います(*^-^)ノ

2日目の今日は、<ラフ原稿をプロが修正>編です♪
学生のお客様の6〜7割は、この方法でのご依頼です。

入稿デザイン(プロ修正)

1:デザインを、入れたい大きさの比率•配置で、A4の紙に書きます!
2:ご希望の書体とプリントカラーを、T’sfactoryのHPから選びます!
3:選んだ書体とプリントカラー、そしてどのように修正したいかをを書き込みます!
4:ご希望の入稿方法でデザインをお送りください!

書体は書いてあるけどインクカラーは未記入など、
記入漏れがあると、販売スタッフとのやり取りが増えてしまい、
お客様にお手数をかけてしまうので、入稿前にご確認いただけると助かります。

また、全て線で書いてある場合は、線と塗りの場所を
記入して下さいね☆

デザイナーたちが、可能な限りお客様のご要望に沿ったデザインを
提案させていただきます( ̄^ ̄)ゞ

次回は、小川くんの<手描き原稿そのままプリント>編です!
お楽しみに☆

以上、丹羽でした(人´ω`*)♡

デザインの入稿について!〜文字のみのデザイン編〜(連日投稿全4編)

こんにちは!^^
最近はとても過ごしやすい気候で、ずーっとこのままだったらいいのになーなんて思っている池袋店の鈴木です!^^

今回は、冬物アウターのご紹介を1回お休みさせていただき、デザインの入稿について、今日から4営業日連日投稿で、デザインタイプごとにご説明をしたいと思います!(•∀•。)

第1日目の今日は、文字のみのデザイン編!文字のプリントをご希望の場合、
T’sfactoryでは、たくさんの種類の書体のご用意がありますので、その中から好きな書体をお選びいただくことができます!^^ 順を追ってご説明しますと、

デザイン入稿(文字のみ)1:文字を、入れたい大きさの比率、配置で、A4の紙に書きます!
2:ご希望の書体と、プリントカラーを、T’sfactoryのHPから選びます!
3:選んだプリントカラーと書体を書き込みます!
4:ご希望の入稿方法でデザインをお送りください!

これだけです!^^
お送りいただいたデザインは、
2-3営業日後にはご希望のイメージで、ご確認いただけます!
いかがでしょうか!とっても簡単じゃないでしょうか!
それぞれの書体に既に雰囲気があるので、組み合わせによって色々なテイストが演出でき、書体選びって楽しいですよね!^^

明日はデザイン担当丹羽さんによる、ラフ画のご入稿をいただいてこちらで修正を行った場合のデザイン入稿のご説明です!^^お楽しみにー!(°∀°●)

フルカラー転写プリントするときは

こんにちは!
池袋店の富士原です〜

さてさて、本日は最近増えてきたなーと思う
フルカラー転写プリント」のお話です!

冬にむけてブルゾンをご注文いただくことが増えてきたと思います。
それに伴って増えてくるのが、フルカラーで表現ができる転写プリント!
ブルゾンはシルクプリントだと
1箇所通常インク1色でしかプリントができないんです(´・ω・`)

そのため、2色以上と決まっているデザインは、
転写プリントでプリントすることになります。

転写プリントの強みはなんと言っても、その表現力
色数を気にせず、20色使っていてもグラデーションでも
同じ料金でプリントできちゃいます!※大きさで料金が変動します。

実際のご注文でも、例えば会社様からのご注文で、
プリント希望の会社のロゴそのものが
グラデーションがかかっていて、
1色どころか何十色ってなっているけど会社のロゴだから変更はできない!
なんてご希望もよくあります。

そんなとき、強い味方となる転写プリント!
でもそんな転写プリントもこういった弱点もあるんです…

ブログ用11シルクプリントと違い、あらかじめシートにプリントをし、
そのシートをウェアに熱圧着する方法となるので、
デザインそのものが複雑な形の場合シートのカットが難しく、
またデザインの一部を切り落としてしまうことを防止するため、
デザインのまわりには2~3mmの白か黒の縁が付きます。
また、デザインに隙間のあるものの場合は、
隙間が小さいものなどは、穴の内側は2−3mmの縁ではなく、
シートのままになります。

ご注文の際はご注意くださいね!
ではでは、今回はこの辺で!