文字だけのデザインに柄模様を入れてアレンジ!

こんにちは!
ティーズファクトリーです!!

クラスTシャツやチームTシャツなど、オリジナルプリントTシャツを作る時に悩むのが「デザイン」ですよね! デザインを考える場合、おそらくイラストやロゴを作って・・・となるよりは、まず初めにクラス名だったりチーム名など、文字や言葉を入れるという案が出たり、イメージが思い浮かぶのではないでしょうか。

今回は、プリントしたい文字は決まっているけど、イラストとかロゴが特にないので、文字だけのシンプルなデザインになってしまうな~と思っている方におすすめの『文字デザイン+柄模様』のアレンジをご紹介します!文字に柄模様をプラスすることで、文字だけでもインパクトのあるデザインになります。

柄模様といえば、「ストライプ柄」だったり「水玉模様」だったりと数多くありますが、今回は4色使う柄模様でもそのうち1色は生地色を活用して3色プリントでできるものや、少し凝った柄模様のものをご紹介します。
(画像はクリックすると拡大して見られます。)

 

ネイティブ柄模様

●使用書体 → G-37:University Regular
●Tシャツカラー → 品番:5001 / ブラック
●インクカラー → C-16:オーチャー
●シルクスクリーンの場合 → 1色プリント

 

ペイズリー柄模様

●使用書体 → G-10:Blacksmith
●Tシャツカラー → 品番:5001 / ホワイト
●インクカラー → C-22:ブラック
●シルクスクリーンの場合 → 1色プリント

 

ゼブラ柄模様

●使用書体 → G-25:Showcard Gothic
●Tシャツカラー → 品番:5001 / トロピカルピンク
●インクカラー → C-22:ブラック・C-21:ホワイト
●シルクスクリーンの場合 → 2色プリント(1色プリントにも応用可)

 

ヒョウ柄模様

●使用書体 → G-20:Cooper Black
●Tシャツカラー → 品番:5001 / ダークブラウン
●インクカラー → C-22:ブラック・C-50:ゴールドイエロー
●シルクスクリーンの場合 → 2色プリント

 

チェック(アーガイルチェック)柄模様

●使用書体 → G-7:Impact
●Tシャツカラー → 品番:5001 / バイオレットパープル
●インクカラー → C-22:ブラック・C-26:レッド・C-21:ホワイト
●シルクスクリーンの場合 → 3色プリント

 

迷彩(カモフラージュ)柄模様

●使用書体 → G-38:Stencil Std Bold
●Tシャツカラー → 品番:5001 / シティグリーン
●インクカラー → C-22:ブラック・C-58:グラスグリーン・C-66:ストロー
●シルクスクリーンの場合 → 3色プリント

 

上記では、文字は全て「T’s FACTORY」にしていますが、ご希望の文字に置き換えてイメージしてみてくださいね!また、Tシャツカラーやインクカラーや文字の書体も一例となりますので、自分たちだけのデザインを考える上で、この種類のTシャツカラーでこっちの書体にこんな柄模様をプラスしてみよう!などの参考にしていただければと思います。

あまり細かすぎる柄模様だと、版(型)を作って1色ごとにインクを刷る『シルクスクリーン』プリントだと、インクがしっかり乗らなかったり抜き部分が潰れてしまう恐れがあります。また、文字自体が小さかったりプリントサイズが小さいと、柄模様を入れる部分も少なくなり柄模様が分かりづらくなってしまう可能性があります。生地の素材やウェアの種類によっても、プリント方法が『インクジェット』または『転写』になる場合があります。

こんな感じで、文字に柄模様をプラスしてアレンジしてみるのはいかがでしょうか?他にも色々な柄模様があったり、フォントやTシャツカラーやインクカラーを変えると雰囲気もガラっと変わったりすると思いますよ。良かったらぜひ参考にしてみてください!

1色プリントでも2色みたいに見えるデザインアレンジ

こんにちは!
いつもブログを見ていただきありがとうございます!!

オリジナルTシャツ製作の代表的なプリント方法といえば、『シルクスクリーンプリント』になります! シルクプリントは1色ごとに版を作るので、
例えば、「白色」と「黒色」の2色のインクを使って【2色プリント】となれば、2版分の製版代がかかってしまいます。
(通常版4,860円×2色分=製版代:9,720円)
プリント代の単価も使用するインクの色数分、値段が上がっていってしまいます。

製作枚数が多ければ、製版代は枚数で割るので1枚あたりにかかる金額は少なくなっていくのですが、そこまで製作枚数は多くない・・・予算の都合上なるべくオリジナルTシャツを安く作りたい・・・という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、1色プリントでも2色のように見えるデザインのアレンジ方法をご紹介いたします!

漫画(マンガ)は黒1色で表現されていますが、「トーン」という網点や万線を入れることによって、濃淡をつけて表現豊かに描かれています。シルクプリントでも同じように(漫画ほどの細かいトーンは無理なのですが)、ちょっとざっくり目のトーンを使ってデザインをアレンジすれば、1色プリントでも2色のように見える効果を出すことができるのでは!

例えば、こんな感じはいかがでしょうか↓
(画像をクリックすると拡大します。)

あまり柄が細か過ぎると、プリント時にインクがしっかり乗らなかったり、インクを乗せない「抜き」になる部分が潰れてしまうなどの恐れがあるので注意が必要ですが、綿素材の生地目がフラットなTシャツなら、1~1.5mm程度の太さの塗り(インクが乗る部分)や抜き(インクが乗らない部分)があればプリントすることができます。

インクカラーやインクの種類、またポリエステル100%のドライ素材、ナイロン素材、ポロシャツなどの鹿の子生地、トート・キャンバス地などの生地目に凹凸がある生地、裏起毛商品など、加工条件によってはシルクプリントでは綺麗に表現できない場合があるので、予めご了承ください。

それから、トーンを使ったデザインでプリントする場合は、生地の色よりもインクの色の方が強い色(濃い色や暗い色)だと、仕上りがキレイに見えますよ!生地の色よりもインクの色が弱い色(薄い色や明るい色)だと、プリントが膨張したように見えたり、写真のネガのような感じに見えるかもしれません。またプリントする時も、生地の色にインクが負けないよう何度も重ね刷りをするのですが、その際に細かいトーン部分はプリントがにじんだような仕上りになってしまう可能性があるので、あまりおすすめしません。

これからオリジナルTシャツのデザインを考えたり、イメージを膨らませる際は、ぜひご参考にしてみてくださいね!

新しいウェアカタログのご紹介!!

こんにちは!
T’s FACTORY(ティーズファクトリー)です!!

新学期・新年度が始まりましたね!
ティーズファクトリーで取り扱っている商品アイテム掲載のウェアカタログも、各ボディメーカーより新しいカタログが出ました!

↓ 各ウェアカタログ画像をクリックすると、パソコンやスマートフォンで【デジタルカタログ】をご覧いただけます。

ウェアカタログ冊子の送付をご希望の方は、【カタログ請求】ページよりフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みくださいませ。

※ウェアカタログ冊子の送付には、2~5日ほどのお日にちをいただきます。

【カタログ請求】はこちらをクリック

 

各ウェアカタログに記載の価格について

各ウェアカタログに記載の各アイテム価格は、ボディメーカーの「希望小売価格」になりますので、ティーズファクトリー価格とは異なります。
ティーズファクトリー価格は、各商品のページ内に記載している【¥ウェア価格】をご確認ください。

 

弊社ウェブサイトに掲載していない商品について

各ウェアカタログは、各ボディメーカー発行のものです。
プリント加工に不向きなどの理由で、弊社のウェブサイトに掲載していない商品もございますが、気になるアイテムがございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

人気商品のNEWカラーやNEWサイズの追加や、新商品もありますよ!
オリジナルTシャツやオリジナルポロシャツ、オリジナルトレーナーやオリジナルパーカーなど、自分たちだけのデザインをプリントしたオリジナルウェア作成のお供に、またご希望の商品探しに、ぜひチェックしてみてください!!