1. HOME
  2. >
  3. 知っているとためになる! オリジナルTシャツの基礎知識
  4. >
  5. オリジナルプリントのスウェットをクラスで作成・お手入れとお洗濯

●オリジナルプリントのスウェットをクラスで作成・お手入れとお洗濯

●オリジナルプリントのスウェットをクラスで作成 秋から春に活躍してくれるのが、フード付きのパーカーやトレーナーなど、スウェット素材のウェアです。T’s Factoryでは、リーズナブルなライニング無し(裏地無し)から裏起毛のヘビーウェイトボディまで、さまざまなスウェットを取り扱っています。文化祭など、秋から春のイベントや学校行事にはぴったり!クラスで、チームで、おそろいのスウェットが今、大人気です。   

●スウェットの特徴

●プルオーバータイプ プルオーバーパーカーは、厚手のスウェット生地にフードが付いたパーカーです。ライニング(裏地)無しのタイプもありますが、裏起毛や裏毛のライニングのものが、秋から冬の時期には温かさがあっておすすめです。また、フロントにジッパーが付いているものと、付いていないものがあります。

●トレーナータイプ トレーナータイプのフード無しスウェットです。フード無しのスウェットは、外見がシンプルで動きやすいことが特徴です。ライニングには起毛や裏毛が使われます。

●裏起毛と裏毛について●裏起毛(うらきもう)
裏起毛は生地の裏側を加工して毛羽立たせたものです。毛羽立たせることで空気を多く含ませることができるので、その結果、保温性能が向上します。冬場の寒い時期に最適で、スウェット地のパーカーやトレーナーのライニングとしてよく使われます。
●裏毛(うらけ)
裏毛は、タオル地のように編まれた裏地です。毛羽立っているのでは無く、タオルのようにループ上に編んで作られているため、やはり温かさがあります。吸水性能が高く、運動などトレーニング等での着用に合っています

●スウェットのお手入れスウェットは「アウター」として着ることが多いため、着用毎に洗濯するということは少ないと思います。お手入れというほどのことではありませんが、市販のシワ取りスプレー等をスプレーしておくと、次に着るときも爽やかです。なお、保管する場合は、首が伸びやすいため、ハンガーに掛けるのでは無く、たたんで保管すると良いでしょう。

●スウェットの洗濯スウェットは生地が厚いので、なかなか乾きません。また、自重があるため首回りが伸びやすいウェアです。そのため、洗濯、そして洗濯の後は、少し気を遣ってあげる必要があります。

●「水洗い不可」と「ドライ」が両方表示されている
裏起毛は生地の裏側を加工して毛羽立たせたものです。毛羽立たせることで空気を多く含ませることができるので、その結果、保温性能が向上します。冬場の寒い時期に最適で、スウェット地のパーカーやトレーナーのライニングとしてよく使われます。

●スウェットを洗濯機で洗う
「手洗い」や「ドライ」推奨であれば、「手洗いコース」や「ドライコース」をセレクトすることで洗濯機でも洗うことが可能です。その他、普通に洗濯機で洗濯して良いもの、また「弱水流」指定などがあります。いずれにしても、必ず洗濯表示を確認して、それにあった方法をセレクトして洗濯することが大切です。

●柔軟剤投入のタイミング
「スウェットを洗濯機で洗う場合は、洗濯によるヨレやシワを防ぐため、柔軟剤を使いましょう。全自動洗濯機の場合、柔軟剤投入口に柔軟剤を入れておけば、適切なタイミングで自動的に投入してくれます。どのタイミングで投入すれば良いのかはっきりしない場合は、

1回すすぎの場合: そのすすぎ水に
2回すすぎの場合: 2回目のすすぎ水に

と覚えておきましょう。

二槽式洗濯機の場合も最後のすすぎ水に投入します。

●スウェットを干す際の注意洗濯が終わりスウェットを干します。十分に脱水されていますか?水分が多く残っているようだと、干すときに形が崩れる原因になりますので、十分に水分を抜いておきましょう。
スウェットは厚手で多少重みがあるので、干し方を工夫しないと首回りや裾が伸びたり、ボディー全体がよれてしまったりすることがあります。

●シワを伸ばし全体を整える
脱水が終わったら、洗濯機からスウェットをすぐに取り出しましょう。その後、パンパンと軽く叩きつつ、形を整えましょう。四つ折り程度までたたんで、シワを伸ばすように叩くと効果的です。

●通気性を確保
干す際は通気性が確保されるよう、工夫することが必要です。特にフード付きパーカーは、ただ干してしまうとフード部分がだらりと下がってしまいます。ランドリーラックやランドリーハンガーを上手く活用して、フードが垂れ下がらないよう工夫してみましょう。

特にトレーナータイプのスウェットをハンガーに吊して乾かす場合は、首回りが伸びないように工夫しましょう。細いハンガーに吊してしまうと、すぐに襟元が伸びてしまいます。太めの滑りにくいハンガーを使うか、タオルなど滑らないものをハンガーに巻きましょう。こうすることで首・肩周辺の伸びを防ぐと共に通気性を確保することができます。

●アイロンを使う場合の注意
洗濯と乾燥を正しく行えば、特にアイロンをかける必要はありません。ただ、どうしてもシワが目立ってしまうという場合は、当て布を使ってアイロンがけしてください。なお、プリント部分は熱に弱いため、アイロンは当てないでください。

●このコラムを読んだ方へのおすすめコラムはこちら

お気に入りのTシャツはできればいつまでも着続けたいものです。そのためにも、素材のそれぞれに合ったお手入れの方法を知って、なるべく傷ませないようにしたいものです。

・・・つづきはこちら

Tシャツのデザイン原稿というと一から十まで全てデザインしなけらばならないと思われがちですが、入れたい文字とイメージを伝えるだけでも思い通りのTシャツを作成することが可能です。

・・・つづきはこちら