プリント加工製品のお取り扱いのご注意について

こんにちは!!
ティーズファクトリーです。

Tシャツやポロシャツなど首元の襟の内側、あるいは腰付近のサイド内側にタグがあるかと思いますが、そのタグには「洗濯表示」と呼ばれる記号が記載されています。

の写真は、左側は綿100%素材Tシャツのタグ、右側はポリエステル100%素材Tシャツのタグになるんですが、それぞれのタグに記載されている洗濯表示は、ウェアのお取り扱いについての記号で、例えば

・塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止
・タンブル乾燥禁止
・ドライクリーニング禁止
・日陰のつり干しがよい

などを表しています。その他は、洗濯時の液温は40℃を限度で「弱い洗い」や「非常に弱い洗い」と洗う時の強弱設定が違ったり、アイロンの設定温度が違うなど、ウェアそれぞれによってお取り扱い方に違いがあります。

ウェアなどの素材によってそれぞれのお取り扱い方(洗濯表示記号)があるように、ティーズファクトリーでオリジナルのデザインをプリント加工した製品にも、プリント加工部分に不良や不具合が生じないよう、お守りいただきたい『お取り扱いのご注意』があります!

 

洗濯について

洗濯は「30℃以下」の水温で洗濯機の「非常に弱い」設定で洗ってください

 

漂泊について

「塩素系」及び「酸素系」の漂白剤はご使用できません

 

クリーニングについて

ドライクリーニングはできません

※「ドライクリーニング」とは、洗剤を溶かした水の代わりに、油をよく溶かす工業ガソリンなどの有機溶剤を使って洗濯することです。

 

乾燥について

「家庭用洗濯乾燥機」や「コインランドリー乾燥機」などのタンブル乾燥のご使用はできません

※「タンブル乾燥(タンブラー乾燥)」とは、回転させながら熱風を当てて乾燥させることです。

 

アイロンについて

プリント面にアイロンはかけられません

 

使用・保管について

長期に渡ってプリント面に日光(紫外線)を当てるとプリントの劣化や不具合が生じる恐れがあります

高温状態での保管はプリントの劣化や不具合が生じる恐れがあります

プリント面が重なり合う状態での保管はプリント同士がくっ付く恐れがあります

 

お手入れのおすすめポイント!

・プリント加工をした製品を洗濯機で洗う際は、プリント面が内側になるようにウェアなどを裏返しにして、洗濯ネットに入れるのをおすすめします。

・洗濯して脱水した後はそのままの状態で放置せずに、速やかにウェアなどを広げて(プリント面を広げて)、日陰干しで自然乾燥をおすすめします。

 

以上の『お取り扱いのご注意』をお守りいただくことによって、オリジナルTシャツなどのプリント加工をした製品は、プリント面にダメージを与えにくく長持ちさせることができます。せっかく製作したオリジナルTシャツなどのプリントウェアやアイテムですから、大事に長持ちさせたいですよね!『お取り扱いのご注意』をお守りいただけず、製品不良や不具合が生じてしまった場合のご返品はお受けできませんので、ぜひお守りくださいませ!!

※「蛍光」「メタリック」「ラメ」「発泡」「フロッキー」「箔」「転写」など、一部のプリントはプリント工程上で『プレス』をします。(プレスとは熱圧力をかける、押し付けることです。)プレスをすると【プレス跡】が残る場合がありますが、一度お洗濯いただきますと消えるのでご安心ください。